So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

ナッツリターン 意味 由来 [ニュース]

 「ナッツリターンとは、お嬢様のワガママで飛行機の運行を遅らせた出来事である。

ナッツリターン.jpg
http://blog.fujitv.co.jp/tokudane-official/E20141216001.htmlより引用

 2014年12月5日、アメリカ合衆国・ジョン・F・ケネディ国際空港から大韓民国・仁川国際空港に向かう大韓航空86便(エアバスA380型機)の機内に、大韓航空副社長趙顕娥(チョ・ヒョナ )は乗っていた。

 そしてその機内で彼女は、激怒することになる。

 客室乗務員の女性がマカダミアナッツを袋に入れたまま提供したからだ。

 彼女の言い分はこうだ。

 機内サービスがなっていない。

 マニュアルでは袋からナッツを出し、皿に盛って提供することになっているはずだ。

 そして、その代償として責任者を機内から降ろせというのだ。

 結局、責任者を機内から降ろすため、機を搭乗ゲートに引き返させ、運行を遅延させた。

 ナッツをきっかけに激怒し、搭乗口へ引き返したため、ナッツリターンと呼ばれている。

 ナッツリターンという言葉の由来は、ランプリターンをもじったものである。

 では、ランプリターンとはどういう意味か?

 ランプリターンとは、滑走路に進んだ航空旅客機が、搭乗ゲートまで戻ることを言う。

 まさに今回の事件と同じである。しかし、本来ランプリターンは、機体の異常、積載荷物の間違い、安全問題などが起こった場合に限定され、それらは全て機長の判断によって、実行される。

 今回のような、客室乗務員のサービスが理由でランプリターンするのは異例だそうだ。

 それでは何故滑走路に進んだ航空旅客機が、搭乗ゲートまで戻ることをランプリターンと呼ぶのだろう。

 ランプはrampboarding rampの略であると思われる。boardingは搭乗の意味で、rampは段差の意味。つまりboarding ramp は、乗降用の階段のことである。

 現在、世界の主要空港では、飛行機とターミナルビルを直接結ぶボーディングブリッジが一般的になりつつあるが、昔は乗降用の階段を用いるのが主流だった。

 一方returnは引き返すという意味である。

 つまりランプリターンとは乗り降りの階段を架設するために引き返すという意味だと思われる。

 僕が解釈するにランプリターンとはわざわざ、乗り降りの階段を架設する必要がある事態の時のみ適用される。

 今回のように客室乗務員のサービスが悪いからといって適用するものではないのではないだろうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ワンピース 歌舞伎 猿之助 [ニュース]

 2014年12月21日、尾田栄一郎さんの人気漫画『ONE PIECE
『スーパー歌舞伎II(セカンド)』と題して、2015年秋、新橋演舞場にて上演されることがわかった。

ワンピース.jpeg
http://prcm.jp/album/animech/pic/20989647より引用

 主演は、四代目・市川猿之助さんで、原作者の尾田栄一郎さんとは初対面だそうだ。

市川猿之助.jpg
http://www.nikkei-events.jp/concert/141128.htmlより引用

 猿之助さんは、尾田さんに対して、
 
「まさに天才でした。プロデュース能力もハンパじゃありません。この人に任せておけば安心だと思わせてくれる人物でした。『ONE PIECE』の歌舞伎に、超ご期待ください」

 と、話した。

 オリコンが、2014年12月1日に発表した『2014年年間“本”ランキングによれば、『ONE PIECE』は、コミック部門で上位TOPを独占した。また、コミックシリーズ総売上部数1188.6万部と「作品別」「シリーズ別」どちらも7年連続1位だという。 

 尾田さんは、本作品に対して以下のように語った。 

 「去年あたりから動き始めている話なんですが、やっと皆さんにお知らせできます」

 「この企画が始まって、初めて歌舞伎を観にいきましたが、美しい。日本人の美というものが、つまったこんな美しい舞台を、僕は見たことがありません」

 一方、 猿之助さんは、次のように語った。

 「空前絶後の大ヒット漫画『ONE PIECE』を、スーパー歌舞伎II(セカンド)として歌舞伎化するという大きな仕事を任せていただくことになりました」

 「日本中の、いや世界中の数えきれないほどのファンに支持されているこの作品を歌舞伎にしようというのは、難しいけれどやりがいのある挑戦です」

「僕にとっての大冒険と言っていいかもしれません。世代に問わずに楽しめる作品にしたいと思っています」

 『ONE PIECE』は麦わらの一味が大海原をひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指して、航海するという海洋冒険ロマンである。

 1997年、『週刊少年ジャンプ』で連載を開始。17年多々今でも続いている長寿作。現在では約30を超える国と地域で刊行されている。 

 本作品は、集英社と松竹の共同作品。集英社は、

「配役はもちろん、ストーリーなどについては現時点で“秘密”」

 と話し、詳細な体制発表は2015年春を予定している。

 そのほかの情報は『週刊少年ジャンプ』、 作品ポータルサイト『ONE PIECE.com』で随時発信するそうだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

STAP細胞 小保方晴子 リケジョの星 [ニュース]

 2014年1月、「リケジョの星」として話題となった小保方晴子さん。

小保方晴子.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140159750163545901より引用

 まさに、そのニュースを見たとき、僕は

 「リケジョの星」 だと思った。

 STAP細胞の生成は、大発見かつ新技術。素直にすごいと思った。そして、何よりも可愛らしい。

 僕はそれからというもの、彼女のファンになった。

 STAP細胞に疑問の声が上がってからはずっと彼女は責められ続けてきた。

 だが、今となっても僕は、彼女のファンであることには変わりがない。

 STAP細胞に疑問の声があがってから、僕は彼女のメンタルが心配でならない。

 だが、彼女はいくら批判的な報道をされても

 「STAP細胞はあります。」

 と主張する。

 本当に強い女性である。

 メディアは、何故そんなに騒ぐのだろうか。

 彼女のメンタルを考えたことはないのだろうか。メディアは圧倒的な力を持つ。

 だからこそ、そこまで考えて欲しいのだ。

 確かに、彼女は重大なミスをした。

 論文そのものには問題があった。

 論文のコピーペーストは、研究者としてあるべき姿ではない。

 だが、論文のコピー&ペーストなど取り上げたらキリがない。

 ただ、論文であるのなら、コピーしたら、参照元を記すべきだし、研究のオリジナリティ部分は、自分の手で書かなければならない。

 いくら批判されても、問題があったとしても、一つ一つにちゃんと説明しなければならないし、自分の主張をしなければならない。間違いであれば間違いであると認めなければならない。

 「小保方晴子さん、STAP細胞、自身の手で再現できず」

 というニュースが報道されたが、

 それが、STAP細胞がないと結論づけるのは、時期尚早ではないだろうか。

 うまくいかないことだってある。それでは何故うまくいかなかったのか考えることこそ研究者の仕事ではないだろうか。

 そして、いつの日か説明して欲しい。何故うまくいかなかったのか。誰もが納得する説明をして欲しい。

 だからこそ彼女には、あきらめないで欲しい。

 どんなに世間で騒がれようが、

 STAP細胞の研究をあきらめないで欲しい。

 どんなに、自分ではどうしようもなく、研究を続けることができないとしても、あきらめないで欲しい。

 最後にもう一度だけ言う。

 僕は今でも小保方晴子さんのファンである。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

STAP細胞 小保方晴子 ニュース [ニュース]

 小保方晴子さん。理化学研究所の研究員である。2014年の今年、話題になった女性の一人でもある。そんな小保方晴子さんニュースで報じられたのは2014年1月末のことである。STAP細胞の研究を発表したことで、ニュースでも有名になった。

小保方晴子.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140159750163545901より引用

 iPS細胞を超えた万能細胞。それがSTAP細胞だ。何でもマウスの細胞をオレンジジュース程度の弱酸性の液体に浸すだけで、体のどんな細胞にも成長できる万能細胞にすることができたという。

 大発見かつ新技術であるSTAP細胞生成。そんなSTAP細胞に再生医療と地球の未来へ期待された方も多いだろう。

 2014年1月29日付で世界的な科学誌『ネイチャー』にも掲載された小保方晴子さんらの研究論文。

 ところが、全国紙科学部記者によれば、STAP細胞の存在に疑問の声が出てきたとニュースでも報じられた。

 海外の論文検証サイトや専門家からは、

不自然な点がある。 本当にSTAP細胞ができたのか

 という疑問の声が上がったという。それがニュースでも報じられた。

 これを受け、2014年2月13日、理化学研究所は調査を開始し、『ネイチャー』も2014年2月17日には異例の独自調査を開始した。

 また、2014年4月には、理化学研究所は検証チームを設置。

 理化学研究所は、以下のことを試みていた。
 
 ・マウスの細胞を弱酸性の溶液に浸し、細胞に刺激を与える。
 ・刺激を与えたことによって、万能性を獲得したことを確認する。
 ・その細胞を受精卵に入れて、全身の細胞に分化させる。

 これを最長1年かけて、やるという。

 小保方晴子さんが検証実験に参加したのは、2014年7月。第三者の立会いのもと論文で発表した実験の再現に取り組んだようだ。

 関係者によれば、(刺激を与えたことによって万能性を獲得するかどうか調べるために、)万能性の目印となる遺伝子が働くと緑色に光るように遺伝子操作したマウスのリンパ球を使った実験を行ったとニュースでも報じられている。

 その結果、刺激を与えても緑色に光る細胞はわずかに確認できただけだった。
 論文では頻繁には出現すると論じており、小保方晴子さんは2014年4月の記者会見で「200回以上成功した」と説明していた。

 2014年8月、検証チームは中間報告を行い、

 論文に記載された方法ではSTAP細胞ができなかった

 と発表した。

 検証チームは、2015年3月末まで実験を続ける予定だった。条件を変えて、STAP細胞の生成する試みをする予定だったようだ。

 だが、関係者によれば、

「小保方氏が再現できなかった以上、継続する意味は薄い」

として打ち切られる可能性が高いとニュースで報じられた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。