So-net無料ブログ作成

安室奈美恵 独立 失敗 [芸能人]

 2014年8月に発覚した安室奈美恵さん事務所独立騒動。その影響は2015年の仕事にも及びそうだ。

安室奈美恵.jpg
http://career.oricon.co.jp/news/62471/full/より引用

 発端は2014年5月。彼女は、所属事務所「ライジングプロ」との関係を“奴隷契約”だとし、待遇改善を要求した。

 具体的には「印税や報酬の割合引き上げ」「原盤権の譲渡」など彼女にとって有利な新契約を要求した。

 これを受け“東京の父”とも呼ばれる 事務所社長の平哲夫さんは大激怒。

 要求を一切拒否し、損害賠償、刑事告訴を用意すると返した。

 その後、安室奈美恵さんは一気にトーンダウンし、事務所に“詫び状”とも呼べる手紙を送った。

 これで事態はおさまり、安室奈美恵さんの独立は失敗したかのように見えた。だが、現在でも “冷戦状態”が続いているという。

 「事務所との交渉がうまくいかないなか、安室さんサイドはレコード会社の移籍も画策していたそうです。実際に移籍先候補のレコード会社に交渉を進めているだけでなく、楽曲の権利を事務所から買い取るための金策にも走っていたようです。しかし結局、それらの計画は、うまく進まなかったみたいですが……」(前出・音楽関係者)

 今後、彼女はどうなるのだろうか。所属事務所幹部は、こう語っている。

 「契約はまだ残っています。だから彼女が独立しようとしても契約期間中はできません。騒動の行方は、あくまで弁護士同士の話し合いに任せています。私たちから説得したり、歩み寄りを見せることはありません。ただ決まっている仕事を粛々と消化していくだけです」

 2014年8月22日に始まった全国ツアー。これは独立騒動発覚後に行われた。それにも関わらず大盛況という結果を出した。2014年12月22日と23日には追加公演を開催したほどだ。

 2015年の予定について、前出の事務所幹部は、次のように語った。

 「年内の仕事はこのツアーだけで、ほかに予定はありません。また来年の仕事についても、まだ何も決まっておりません。オファーが来れば当然、マネージメントはしますが……」

 もう年末だというのに、2015年の仕事がいまだにゼロだという。安室奈美恵さんにとって恩人である社長からの独立騒動。それは彼女にとって失敗だったと言わざるを得ない。 



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。