So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンピース 歌舞伎 猿之助 [ニュース]

 2014年12月21日、尾田栄一郎さんの人気漫画『ONE PIECE
『スーパー歌舞伎II(セカンド)』と題して、2015年秋、新橋演舞場にて上演されることがわかった。

ワンピース.jpeg
http://prcm.jp/album/animech/pic/20989647より引用

 主演は、四代目・市川猿之助さんで、原作者の尾田栄一郎さんとは初対面だそうだ。

市川猿之助.jpg
http://www.nikkei-events.jp/concert/141128.htmlより引用

 猿之助さんは、尾田さんに対して、
 
「まさに天才でした。プロデュース能力もハンパじゃありません。この人に任せておけば安心だと思わせてくれる人物でした。『ONE PIECE』の歌舞伎に、超ご期待ください」

 と、話した。

 オリコンが、2014年12月1日に発表した『2014年年間“本”ランキングによれば、『ONE PIECE』は、コミック部門で上位TOPを独占した。また、コミックシリーズ総売上部数1188.6万部と「作品別」「シリーズ別」どちらも7年連続1位だという。 

 尾田さんは、本作品に対して以下のように語った。 

 「去年あたりから動き始めている話なんですが、やっと皆さんにお知らせできます」

 「この企画が始まって、初めて歌舞伎を観にいきましたが、美しい。日本人の美というものが、つまったこんな美しい舞台を、僕は見たことがありません」

 一方、 猿之助さんは、次のように語った。

 「空前絶後の大ヒット漫画『ONE PIECE』を、スーパー歌舞伎II(セカンド)として歌舞伎化するという大きな仕事を任せていただくことになりました」

 「日本中の、いや世界中の数えきれないほどのファンに支持されているこの作品を歌舞伎にしようというのは、難しいけれどやりがいのある挑戦です」

「僕にとっての大冒険と言っていいかもしれません。世代に問わずに楽しめる作品にしたいと思っています」

 『ONE PIECE』は麦わらの一味が大海原をひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指して、航海するという海洋冒険ロマンである。

 1997年、『週刊少年ジャンプ』で連載を開始。17年多々今でも続いている長寿作。現在では約30を超える国と地域で刊行されている。 

 本作品は、集英社と松竹の共同作品。集英社は、

「配役はもちろん、ストーリーなどについては現時点で“秘密”」

 と話し、詳細な体制発表は2015年春を予定している。

 そのほかの情報は『週刊少年ジャンプ』、 作品ポータルサイト『ONE PIECE.com』で随時発信するそうだ。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。