So-net無料ブログ作成
検索選択

STAP細胞 小保方晴子 リケジョの星 [ニュース]

 2014年1月、「リケジョの星」として話題となった小保方晴子さん。

小保方晴子.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140159750163545901より引用

 まさに、そのニュースを見たとき、僕は

 「リケジョの星」 だと思った。

 STAP細胞の生成は、大発見かつ新技術。素直にすごいと思った。そして、何よりも可愛らしい。

 僕はそれからというもの、彼女のファンになった。

 STAP細胞に疑問の声が上がってからはずっと彼女は責められ続けてきた。

 だが、今となっても僕は、彼女のファンであることには変わりがない。

 STAP細胞に疑問の声があがってから、僕は彼女のメンタルが心配でならない。

 だが、彼女はいくら批判的な報道をされても

 「STAP細胞はあります。」

 と主張する。

 本当に強い女性である。

 メディアは、何故そんなに騒ぐのだろうか。

 彼女のメンタルを考えたことはないのだろうか。メディアは圧倒的な力を持つ。

 だからこそ、そこまで考えて欲しいのだ。

 確かに、彼女は重大なミスをした。

 論文そのものには問題があった。

 論文のコピーペーストは、研究者としてあるべき姿ではない。

 だが、論文のコピー&ペーストなど取り上げたらキリがない。

 ただ、論文であるのなら、コピーしたら、参照元を記すべきだし、研究のオリジナリティ部分は、自分の手で書かなければならない。

 いくら批判されても、問題があったとしても、一つ一つにちゃんと説明しなければならないし、自分の主張をしなければならない。間違いであれば間違いであると認めなければならない。

 「小保方晴子さん、STAP細胞、自身の手で再現できず」

 というニュースが報道されたが、

 それが、STAP細胞がないと結論づけるのは、時期尚早ではないだろうか。

 うまくいかないことだってある。それでは何故うまくいかなかったのか考えることこそ研究者の仕事ではないだろうか。

 そして、いつの日か説明して欲しい。何故うまくいかなかったのか。誰もが納得する説明をして欲しい。

 だからこそ彼女には、あきらめないで欲しい。

 どんなに世間で騒がれようが、

 STAP細胞の研究をあきらめないで欲しい。

 どんなに、自分ではどうしようもなく、研究を続けることができないとしても、あきらめないで欲しい。

 最後にもう一度だけ言う。

 僕は今でも小保方晴子さんのファンである。




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。