So-net無料ブログ作成
検索選択

STAP細胞 小保方晴子 ニュース [ニュース]

 小保方晴子さん。理化学研究所の研究員である。2014年の今年、話題になった女性の一人でもある。そんな小保方晴子さんニュースで報じられたのは2014年1月末のことである。STAP細胞の研究を発表したことで、ニュースでも有名になった。

小保方晴子.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2140159750163545901より引用

 iPS細胞を超えた万能細胞。それがSTAP細胞だ。何でもマウスの細胞をオレンジジュース程度の弱酸性の液体に浸すだけで、体のどんな細胞にも成長できる万能細胞にすることができたという。

 大発見かつ新技術であるSTAP細胞生成。そんなSTAP細胞に再生医療と地球の未来へ期待された方も多いだろう。

 2014年1月29日付で世界的な科学誌『ネイチャー』にも掲載された小保方晴子さんらの研究論文。

 ところが、全国紙科学部記者によれば、STAP細胞の存在に疑問の声が出てきたとニュースでも報じられた。

 海外の論文検証サイトや専門家からは、

不自然な点がある。 本当にSTAP細胞ができたのか

 という疑問の声が上がったという。それがニュースでも報じられた。

 これを受け、2014年2月13日、理化学研究所は調査を開始し、『ネイチャー』も2014年2月17日には異例の独自調査を開始した。

 また、2014年4月には、理化学研究所は検証チームを設置。

 理化学研究所は、以下のことを試みていた。
 
 ・マウスの細胞を弱酸性の溶液に浸し、細胞に刺激を与える。
 ・刺激を与えたことによって、万能性を獲得したことを確認する。
 ・その細胞を受精卵に入れて、全身の細胞に分化させる。

 これを最長1年かけて、やるという。

 小保方晴子さんが検証実験に参加したのは、2014年7月。第三者の立会いのもと論文で発表した実験の再現に取り組んだようだ。

 関係者によれば、(刺激を与えたことによって万能性を獲得するかどうか調べるために、)万能性の目印となる遺伝子が働くと緑色に光るように遺伝子操作したマウスのリンパ球を使った実験を行ったとニュースでも報じられている。

 その結果、刺激を与えても緑色に光る細胞はわずかに確認できただけだった。
 論文では頻繁には出現すると論じており、小保方晴子さんは2014年4月の記者会見で「200回以上成功した」と説明していた。

 2014年8月、検証チームは中間報告を行い、

 論文に記載された方法ではSTAP細胞ができなかった

 と発表した。

 検証チームは、2015年3月末まで実験を続ける予定だった。条件を変えて、STAP細胞の生成する試みをする予定だったようだ。

 だが、関係者によれば、

「小保方氏が再現できなかった以上、継続する意味は薄い」

として打ち切られる可能性が高いとニュースで報じられた。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。